夢と現実の狭間に

夢と現実の狭間に

時は緩く過ぎて行く

それが夢なのか、現在なのかも知らぬ間に。

もしも貴方が雨に濡れ

言い訳さえもできない程に

何かに深く傷ついたなら……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です